投稿

案内2:スフィア基準と新型コロナウィルス

世界中に猛威をふるうパンデミック状態となった新型コロナウィルスへの対応について、世界各地で一人ひとりの尊厳や権利を保障したうえでの取り組みがされています。

次の通り、JQAN事務局あてに共有いただいたものをご紹介します。個別内容については個々の団体にお問い合わせください。

長期化する日本での対応策とともに、今後流行が深刻化することが危惧される途上国・地域などより脆弱な立場の方々への支援を行う際に参考にしていただければ幸いです。

■ Sphere Association
スフィア基準*で目指している一人一人の尊厳を尊重し、その権利を保護したうえで、総合的な対応策がとられるべき人道的危機である新型コロナウィルス感染症と基準の関係性を説明。
https://spherestandards.org/coronavirus/
提供言語:英語、アラビア語、インドネシア語、中国語、ペルシア[ファルシ]語、フランス語、日本語、ポルトガル語、スペイン語、ウルドゥー語

*JQANでは6月以降に本基準を学ぶ2日間研修を開始予定です。参加募集は本ホームページで5月以降に案内予定です。団体内研修・講演等を希望する方は、JQAN事務局(qa@janic.org)あてにお問い合わせください。

■ こころのかまえ研究会
スフィア基準など、災害が起きたとき、各人ができる “我慢をさせない支援” について情報を提供。
スフィア基準と新型コロナウィルス感染症の関係性説明文書の日本語訳を作成。

こころのかまえ

■ セーブ・ザ・チルドレン
こども支援専門機関の観点から、今般の新型コロナウィルス感染症の流行に関する情報を提供。
【情報まとめ】新型コロナウイルス感染症対策下における子どもの安心・安全を高めるために
https://www.savechildren.or.jp/scjcms/sc_activity.php?d=3192