JQAN について

JQANは、質が高く、受益者に対しアカウンタビリティを果たす緊急人道支援の実践に向け、2012年から活動をしてきた「支援の質とアカウンタビリティ向上(Q&A)ワーキンググループ」を改組し、2015年7月に設立されたネットワークです。

主な活動

  1. 人道・開発支援における質や説明責任に関する原則、基準類の情報収集と発信
  2. 各種原則、基準類の認証制度の設計や普及活動への参加
  3. 研修の企画、開催、教材・資料類の翻訳と調査分析
  4. トレーナー人材の育成、確保、人材管理
  5. 提言・啓発活動、国内外への発信活動

団体概要

代表 小美野剛(CWS Japan)
事務局責任者 松尾沢子(JANIC)
事務局 (特活)国際協力NGOセンター(JANIC)連携グループ内
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18 アバコビル5F
Email: qa@janic.org
Tel:03-5292-2911
Fax:03-5292-2912

関連ドキュメント


[JQAN発行物] 支援の質とアカウンタビリティ

人道的な観点から支援に携わる関係者は、国家や国際機関、NGO等の民間の非営利団体、企業など多様かつ多数います。
さまざまな機関や立場の人々が人道支援を行うことで、かえって被災者や受益者に混乱や困難を与えぬよう、支援そのものの在り方、そのクオリティ(質)とアカウンタビリティ(説明責任)についての国際基準がつくられ実践されてきました。
この冊子は、人道支援の国際基準の背景にある原則や考え方、また日本で学ぶことができる内容や研修機会について知ってもらうための冊子です。

QAパンフレット_2017